メイン

燃えたら保険でどうなるの?

ほとんどの人は、火災保険に入るときに、
「どうせ火事は起きないだろう」と思っている訳ですが、
実際に、火事は一定割合で発生します。


ぼくは保険会社にいたので、
実際の焼け跡を何度か見に行く機会がありましたが、
あの真っ黒焦げになった残骸を見るのは、
他人の家でもヘコみます。

消火の時に使った大量の水が、地面に溜まるのですが、
その水の色が、また真っ黒なんですよね~。(^^;)


さて、火事が起きたらまず消火します。
火を消すことと、入居者の方の安全確保に全力を
尽くしてください。


自動車事故の場合は、事故現場に代理店さんが
急行するようなこともありますが、
火災保険の場合はその必要もありません。

というか、いても邪魔になるだけです。
(遠隔地の代理店でも構わないのは、ここが理由です)


しっかり火が消えたあとに、
保険会社または調査会社の人が、現場を見に来ます。

どこの修理が必要なのか、見当を付けておくためです。


あとは修理業者さんから出された見積もりを、
保険会社の人が査定して、支払える金額を提示。

契約者と合意が得られたら(「協定」といいます)、
保険金請求書を提出してもらって、支払完了となります。


ここで注意が必要なのは、
火災の被害が復旧して、入居がついて家賃が入るまでは
かなり時間がかかる
ということです。


火事で物件がなくなってしまった場合、
家賃は入らなくなりますが、ローン支払は中断しないので、
大家さんにとっては大打撃です。

火災では物件だけじゃなくて、入居者も一緒に失うので、
「家賃担保特約」に必ず加入しておくことを、
オススメします。


◆お知らせ その1

 財布の中身レポートは、
 融資の秘訣が分かるということで、新規加入が激増中です。
 
 ぜひお試し購読してみてください。


◆お知らせ その2

 ブログランキングは、夢の2階級制覇が、
 なんだかいけそうな気がするレベルになってきました。(=´∇`=)

 皆さまのご協力を、ぜひよろしくお願いします。


インタビュー書き起こしのサンプル

昨日から参加した保険ブログランキングでは、
「初登場で1位」になるという経験をしました。


2位以下のブログ全部に、「DOWN↓」の表示。
ちょっと面白い画像になってます。

090711000.JPG ←クリックで拡大します。


引き続きよろしくお願いします。


11日は財布の中身レポートの配信日でして、
だいたい、この日はのんびりすることにしていますが、

今日は仕事がありまして、お出かけです。
事務所までは徒歩10分くらいなので、楽ちんです。


「石渡さんはスゴイの分かるんだけど、
インタビューがどんなクオリティなのか不安です」という方のために、
ちょこっとPDFのサンプルを付けました。

下記のリンクからダウンロードできます。

ファイルをダウンロード


この部分だけでも、専業大家さんにとっては、
貴重なノウハウになるはずなんですが、
実際に配信されるものは、この10倍以上の分量です。


書き起こし原稿は、VIP版のみです。

大家の財布の中身レポート

保険ネタ「燃えたら保険でどうなるの?」は、
次回書きたいと思います。


2階級制覇・・・できるでしょうか?

★ブログランキング応援&順位を確認★
▲2階級制覇できたら、何かプレゼントでもあるのでは?
 と思う方はクリックお願いします。


小話① 保険会社のノルマ

これからしばらく、保険の話を中心に書いていくので、
ブログランキングのクリックのうち、
30%を保険カテゴリーへ振り分けました。


このカテゴリーは、不動産投資ほど厳しくなく、
30%を振り分けただけで、既に1位です。(笑)

→ ブログランキング 順位の確認はこちら
 ▲30%の確率で、保険ランキングの順位が表示されます。


当然、不動産投資のポイントや順位は落ちますが、
ぼくがランキングをやっている目的は、
順位ではなくて、新しい読者さんの獲得なので、
まぁいいかな~という感じです。

でも、2階級制覇とかできたら、カッコイイですけどね。(ノ´∀`*)



さて、難しい話が続いたので、今日は小話その1。
保険会社の「ノルマ」について書きます。


就職活動の時、入社3年目くらいの先輩に、
「やっぱり、ノルマってあるんですか?」と聞いたんですが、

その時の先輩社員の回答は・・・






「あぁ。ノルマしかないね。」


というものでした。( ̄Д ̄;)


実際のところ、数値的に超厳しい訳ではありませんが、
ノルマの「種類」が尋常じゃなく多いのです。

まさに、ノルマしかない状態。


ざっと挙げますと、まず種目別の売上数字があります。

「自動車」「自賠責」「火災」「傷害」「新種」
「積立」「年金・介護」「生保個人」「生保法人」
「一般種目計」「長期種目計」「生保計」
 はい、これで12種類。

それぞれに「単月」「累計」があるので、合計24種類。


事故の多い契約ばかりだと、利益がなくなってしまうので、

「自動車損害率」「新規1-5等級引受割合」
「等級プロテクト引受件数」「事故多発契約謝絶割合」

のような、「ロス(損害率)管理」と呼ばれるノルマがあります。


ちなみに「新規1~5等級」というのは、
他社で事故を起こして、自分の会社に移ってくる人で、
保険会社としては、有り難くない契約です。

事故が多い人を断る・・という仕事もあります。

でも、実際に断るのは代理店さんなので、
上手に説得して、断っていただくのが腕の見せどころです。


ノルマの種類はまだまだあって、

「代理店新設件数」「経営研修生採用人数」
など、
自社の保険を販売してくれる代理店さんを増やすという
販売網関連のノルマもあります。

それも、「プロ代理店」「自動車販売関連」
「指定(民間車検)工場」「税理士」
など、
業態別の、新設数目標があったりします。(´ヘ`;)


まだあるんですが、キリがないので終わります。(笑)


ちなみに、ぼくはずっと営業部門にいましたが、
事故の査定や支払をする部署にいても、
やっぱりノルマの種類がたくさんあります。


でも、ノルマ=悪という訳でもなくて、
やっぱり達成した時には、気持ちの良いものです。

今の生活には、何の数値目標もないので、
何か自主的にノルマを課そうかなと思いました。


とりあえず、やっぱり入居率かなぁ。
頑張らないといけません。


★ブログランキング応援&順位を確認★
▲こっちの数値目標はないですが、よろしくお願いします。


地震保険について

昨日の火災保険に続きまして、
地震保険のお話をさせていただきたいと思います。


まず、「地震保険に入った方がいいかどうか」という話ですが、
これは現在、保険会社の社員じゃなくなった立場でも、

ゼッタイ入らなきゃいけないという回答です。


例外として、物件を土地値以下で取得していて、
壊れて更地になった方が、むしろ良い・・・くらいの方は、
必ずしも加入の必要がありません。

「債務が減らないまま、建物がなくなったら困る人」は、
必ず加入してください。絶対、MUSTです。


日本に物件を保有しているというだけで、
地球上のトップ1%の地震リスクにさらされている訳です。

まともなリスク感覚をお持ちの方なら、
「たぶん、地震はこないだろう」みたいな考えを持ってはいけません。

【参考】
日本が地球の陸地に占める面積の割合は、0.02%強しかないのに、
マグニチュード6.0以上規模の地震の20%は日本で発生します。


それから、通常の火災保険では、
地震が原因で発生した火災は、支払対象外です。
新耐震基準のRCでも、燃えない訳ではありません。

関東大震災で、「倒壊」した家屋は約25万戸ですが、
「焼失」したのは44万戸超にも及びます。


地震保険は、簡単にいうと「地震による倒壊と火災&津波」で、
建物が被害を受けると、保険金支払いになります。


その他、特徴としては以下の通りです。


・1戸あたりの加入限度額は、5千万円。
 (一棟あたりではないので注意しましょう)

・損害の査定が非常に簡便化されている。

・半官半民でやってる制度なので、各社保険料が同じ

・代理店の手数料率が低く、あまり儲からない(笑)

・火災保険の特約として加入する。(単独加入不可)

・主契約(=火災保険の金額)の50%までしか加入できない。

・1事故あたりの「全社合計総支払限度額」がある。
 2009年7月時点では、5.5兆円


なお、この「5.5兆円で足りるかどうか」については、
過去に記事を書いているので、参考にしてください。

  
 ★ブログランキング応援&順位を確認★
 ▲順位に変動がありました。詳しくは上記リンクをクリック。


火災保険 3つの種類

誕生日にがーんとクリックしていただ分が、
カウント有効期間が過ぎて、消えてしまいました。。。(><)

1週間ぶりにクリックしてやろうという方、
ぜひ、よろしくお願いします。

★ブログランキング応援&順位を確認★



さて、今日からようやく保険の商品説明になります。

いきなり難しい話をすると、
読む気がなくなってしまうので、簡単なところから。


まず、「火災保険」と一言でいいますが、
火事以外のいろんな事故についても、支払対象になります。

そして、火災保険は大きく分けて3種類ありまして、
それぞれ保険料や補償の範囲が違います。


大家さんとして収益物件の保険に加入する場合、
一般的には、「オールリスクタイプ」というものに加入します。

先日ご紹介した、「ホームライフ総合保険」や、
「ホームオーナーズ保険」は、オールリスクです。


ちなみに、オールリスクとは、
「約款で免責(支払えない)と規定されていない事故は支払う」
というものです。

入居者さんが、部屋をボコボコにして夜逃げしたような場合、
オールリスク型でないと、補修費が出ません。


オールリスク型の保険以外では、
「総合保険」「火災保険」があります。

火災保険は、火災・台風・爆発などに限定したもので、
総合保険は上記のほか、水害・他物(自動車など)の衝突、
水濡れなども含まれます。

090708000.JPG


火災保険と総合保険の比較は、
こちらのページが分かりやすいのですが、
結局のところ、オールリスク型が一番です。


あ、そういえば9月6日に、
大阪で保険セミナーをすることになりました。

不動産投資のリスク対策 パーフェクトマスター講座

2月に都内でやったのと、前半はほぼ同じです。
DVDより生で見たい!という方は、ぜひご参加下さい。


★ブログランキング応援&順位を確認★
▲このまま保険の話を続けても良いでしょうか?


管理会社さんへのご案内

せっかく「暮らしのQQ隊」のような、
大家さんにありがたいサービスがあっても、
使われなければ意味がありません。


管理会社さんとしては、日頃慣れ親しんだ業者さんの方が、
すぐに動いてくれるし、業務品質的にも安心なので、
通常はそちらを利用しようとします。

ですので、管理をお願いすると同時に、
下記のような文書を渡して、仕組みをつくっておきます。
ぼくの保険を扱っている川西さんの雛形です。

090707001.JPG  ← クリックで拡大します。


優秀な代理店でしたら、ちゃんと案内があるはずなので、
別に上記のようなものでなくてもいいのですが、

案内してない場合は、こちらのWord版を、
適当に編集して使ってみてください。


本来「タダであるべきもの」にお金を払うのは、
かなりバカらしいので、工夫の価値はあると思います。


ちなみに、これくらいで
「素晴らしい代理店だ!」と驚いてはいけません。(笑)
ホントの凄さは、こんなもんじゃないです。


★ブログランキング応援&順位を確認★
▲明日は、火災保険の基礎について。
 無料で読めて、プロ並みの知識がつく講座です。


保険にもある大口優遇の法則

前回は、保険会社を選ぶよりも、
良い代理店を探す方が、1万倍大切だという話をしました。


では、何をもって「良い代理店」とするかですが、
色々基準はあるものの、まずは「一定の売上規模」が必要です。


皆様も、それぞれお仕事をお持ちだと思いますが、
ご本業のお客さんの中には、大口のお得意さんもいれば、
滅多に買わないお客さんもいるはずです。

小口のお客さんほど、
クレームや返品があったりするものです・・・(笑)


まぁ、それはいいとして、
会社やお店として大切にしなければならないのは、
当然、大口のお得意様になります。

 
保険会社でも、もちろんそうなのですが、
個人で大口のお客さんになるのは、極めて難しいです。

でも、大口の「代理店」のお客さんになることで、
間接的な大口客になることができます。 


保険会社の中で、大口の代理店は
本当に、ものすごく大切に扱われています。

ある意味、神様です。


なぜなら、A損保の代理店さんが、

「今日からB損保の代理店になるよ」

ということが、簡単にできてしまうからです。


これは、保険の商品に各社間で大きな違いがなく、
代理店は、保険会社から固定給的なお金を、
一切受け取っていないことが、主な理由です。

また、扱い保険会社を変更したり増やしたりしても、
特に代理店側に金銭的な負担はありませんので、
フランチャイズなどに比べて、統制力が弱い原因です。


大口の代理店が、他の保険会社と取引を始めてしまうと、
保険会社は、年間の保険料収入が、
何千万~何億円も減少してしまいますから大変です。

だから、大口の代理店は大切にされるのです。


一方、売上は低いし知識はないしで、
保険会社から、まったく大切にされていないような
代理店もたくさんあります。


いつ代理店契約を解除されても、
まったく問題ないような代理店も多いですし、

実際、最近は業務効率化のために、
保険会社から、代理店契約を解除することも増えました。


皆さまが保険を契約する場合、
保険会社に大切にされている代理店を通すと、
契約した保険の「品質」が、格段に上がります。


もちろん、小口の代理店で加入したからといって、
事故の時に保険が下りないということではありません。
 
ですが、解決までのスピードや、
ちょっとした解釈の違いによる、
支払保険金額の差は、当然ありますよね。


ぜひ、しっかりした代理店を見つけて、
チームに引き込んでいただきたいと思います。


それから、管理会社さんに渡す保険案内の雛形は、
夜にでもアップします。

ポイントが下がってしまったので、
ぜひ、ブログランキングのクリックをお願いします。


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  |  201  |  202  |  203  |  204  |  205  |  206  |  207  |  208  |  209  |  210  |  211  |  212  |  213  |  214  |  215  |  216  |  217  |  218  |  219  |  220  |  221  |  222  |  223  |  224  |  225  |  226  |  227  |  228  |  229  |  230  |  231  |  232  |  233  |  234  |  235  |  236  |  237  |  238  |  239  |  240  |  241  |  242  |  243  |  244  |  245  |  246  |  247  |  248  |  249  |  250  |  251  |  252  |  253  |  254  |  255  |  256  |  257  | All pages

メルマガ登録・解除

投資家けーちゃんの
不動産投資メールマガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

無料相談 実施中!

ツイッター

ブログ過去記事