メイン

保険の用語解説

保険ランキングの方が、トップを取られそうで、
ちょっと焦っています。(´Д`;)

ブログランキングをクリックすると、
30%の確率で、保険の方にカウントされます。
どうぞよろしくお願いします。


さて、今日は「保険の用語」について。

知ってるようで知らないことが多いのですが、
大家さんにとって重要なものだけを、説明します。


まず、「保険料」「保険金」

契約者が保険に加入するときに支払う掛け金が「保険料」で、
事故のときに、保険会社から支払われるのが「保険金」です。


次に、「保険金額」という似た言葉がありまして、
これは、簡単にいうと「契約金額」とか「支払限度額」に
近いイメージです。

「物件を購入したので1億円の火災保険に入った」という場合、
この1億円というのが、保険金額です。


保険金は、事故の規模や被害額に応じて、
その都度違いますから、「保険金額」=「保険金」ではありません。


ここですでに、ヤヤコシイですか?(笑)


さらに似たようなのを、もう一個だけ。
「保険価格」という言葉を覚えてください。


これは、アパートの火災保険の場合、
「保険会社的に建物を査定した際の、その査定額」
ということになります。

だから、「保険価格」=「保険金額」とする契約が、
過不足のない、良い契約ということになります。


ちなみに、自動車保険の場合の保険価格は、
その自動車の時価額(保険会社的な)になります。

生命保険や傷害保険など、人を対象とする場合は、
保険価格という概念はありません。


ちなみに、火災保険でいう建物や家財、
自動車保険での車を、「保険の目的」という名称で、
約款やパンフレットなどが書かれてます。


普通、「保険の目的」なんて言うと、
「どうして保険に加入するのか?」みたいな意味ですが、
専門用語的には、そうではないです。


まとめた例文を作ってみました。

---------------------------------------------------------------
 大家のAさんが物件を購入しました。

 「保険の目的」である築15年のRCマンションは、
 
 「保険価格」が1億円だったのですが、

 「保険金額」は5千万円で火災保険に加入しました。

 「保険料」は10年一括で、25万円でした。
 Aさんは、ちょっと節約できた気分です。

 運の悪いことに、半年後に火災がありました。

 半分燃えて、修理費は5千万円。
 Aさんは、「ラッキー!保険金額の範囲で収まった!」と
 喜んでいましたが、

 「保険金」は、2500万円しか支払われません。

 Aさんは、自己資金で修理ができず、
 一気に窮地に陥ってしまいました。
---------------------------------------------------------------

ところで、なぜ大家のAさんは、
5千万円の保険金をもらうことができなかったのでしょうか。

数年前に流行った、保険会社の「支払漏れ?」
そうではありません。


明日の記事で、この解説をしますので、
ブログランキングをクリックして、1日お待ち下さい。(笑)


全労済のメリットとデメリット

昨日はお寝坊でブログの更新ができず、
申し訳ありませんでした。(/_;。)


やはり、2位に陥落していました。

生まれ変わったつもりで頑張りますので、
なにとぞ、ブログランキングのご支援を、
よろしくお願いします。



さて、日付が替わった瞬間に更新しまして、
今日は全労済の話です。

全労「災」じゃないです。
働者共生活協同組合連合会」の略称ですね。


保険会社ではないので、生保っぽい共済制度と、
損保っぽいものの両方を扱っています。

アパート経営に関する共済というと、
「自然災害保障付き、火災共済」が該当します。


掛金(=保険料)は、確かに民間と比べると激安です。
補償範囲はちょっと狭いものの、6掛けくらいで加入できます。
ですので、大家さんでも利用者は多いようです。


一方、ぼくの考える全労災のデメリットは・・・

 1.加入限度額が低くて、該当する物件が少ない。
   特に、地震共済の限度額1200万円は厳しすぎる。

 2.代理店がいない。

ぼくは全労済は使っていませんが、
知識があって会社とちゃんとした交渉ができるので、
ぼくの場合は、2のデメリットはありません。

でも、普通はそうはいきません。


事故の際は、全労済を含む保険会社と契約者は、
「払う vs もらう」の、完全な利益相反関係にあります。

ぼくが推薦している三井住友海上であっても、
基本的に、支払う保険金は1円でも少ない方がいいと
考えているわけです。


巨大な会社に、知識のない個人で立ち向かうより、
自分の味方になる代理店を、チームに入れておくことで、
保険料では代え難い、メリットがあるのです。


また、例えば水漏れ事故があったとき・・・


工務店に連絡をとって、見積書を取り寄せたり、
保険で対応できる範囲で修理するように交渉したり、

忙しい大家さんに代わって、入居者から示談書をもらったり、
「慰謝料よこせ!」とわめきまくってる被害者に、
一緒になって謝ってくれたりする人が、


全労済にいるのかなぁ・・って話です。


ただ、代理店さんもレベルの差があるので、
やっぱり優秀な人を探さないと、意味がないです(笑)


明日は、一般的な保険用語について、
分かりやすい説明をします。

これで小難しい保険パンフレットも怖くありません。(≧∇≦)

ぜひ★ブログランキング★のクリックを、
よろしくお願いいたします。


代理店の場所はどこがいいのか?

すいません。ぼくの勘違いで、
書くテーマの順番を間違えちゃいました。(^^;)


昨日の、燃えたらどうなるかという話は、
もう少しあとの方で書かなきゃいけませんでした。

分かりにくかったら、申し訳ありません。



さて、順番を戻してまして、
今日は「代理店の場所とサービスの質」について。


「代理店選びが、超重要だ」という話を以前しました。

では、ご自身の居住地、物件の場所、
それから保険代理店の事務所の場所の関係は、
どうするのがベストなんでしょうか?


結論を言いますと、

「物件がどこにあろうと、代理店はひとつに集中」

「代理店の場所は、別にどうでもいい」

というのが、ぼくの回答です。


まず、物件がいろんな場所にあるからといって、
保険代理店を複数に分けることは、絶対にダメです。

単純に面倒くさいだけでなく、
何十万円(場合によっては100万以上)の大口契約を、
みすみす分散させてしまうことに繋がります。


保険会社の社員が、ちょっとヤヤコシイ案件を
社内の稟議にかけて、引受や支払の承認をとる際に、

「その契約者が払っている保険料」を、
しっかり稟議書に記載して、上司や本部に提出しています。


大口契約=パワーです。


もちろん、代理店の中で大口客になっておくことも、
重要な要素だと思います。


それから、代理店と物件の距離については、
自動車保険のように、代理店が事故現場に行く必要が、
ほとんどないので、優先度は低いです。

判断が微妙な場合(水漏れなど)は、
代理店よりも、管理会社さんが調査に立ち会った方が、
ちゃんとした説明ができることが、ほとんどです。


ぼくの場合は、名古屋の物件も加賀温泉の物件も、
高岡に住んでる川西さんに任せてますが、
当然のことながら、まったく困ったことはありません。


あと、これはちょっとナイショなんですが、
「実は、遠い方が有利」という一面もあるのです。(笑)


ということで、優秀な代理店を見つけて、
全部の契約を、そこを通じて加入するようにしてください。


それから、おかげ様で2カテゴリー1位になりました。
不動産投資&保険ブログランキングで確認できます。


2階級制覇しました。

読者の皆さまのご支援のおかげで、
ブログランキングの「不動産投資」「保険」のカテゴリーにおいて、
同時にトップを取ることができました。(≧∇≦)/ 


ホントにありがとうございます。


記念撮影してみました。

090713000.JPG
保険ランキング。午前8時現在。


090713001.JPG
不動産投資ランキング。こちらも8時現在。


今日は、午後から財布レポートのインタビューで、
池袋まで行きます。


夜は、コテツさんがやってる新築コンサルに同席です。

都区内の所有権で、サブリース後の確定家賃で、
10%を確実に超えるコンサルです。もちろん、土地込みの利回り。


このノウハウは、ちょっとすご過ぎるので、
近々セミナーをすることにしました。

8月30日予定ですので、
ご興味のある方は、予定空けておいてください。

保険の記事も、午前中に更新します。


★ランキング 2階級制覇の確認はこちら★


燃えたら保険でどうなるの?

ほとんどの人は、火災保険に入るときに、
「どうせ火事は起きないだろう」と思っている訳ですが、
実際に、火事は一定割合で発生します。


ぼくは保険会社にいたので、
実際の焼け跡を何度か見に行く機会がありましたが、
あの真っ黒焦げになった残骸を見るのは、
他人の家でもヘコみます。

消火の時に使った大量の水が、地面に溜まるのですが、
その水の色が、また真っ黒なんですよね~。(^^;)


さて、火事が起きたらまず消火します。
火を消すことと、入居者の方の安全確保に全力を
尽くしてください。


自動車事故の場合は、事故現場に代理店さんが
急行するようなこともありますが、
火災保険の場合はその必要もありません。

というか、いても邪魔になるだけです。
(遠隔地の代理店でも構わないのは、ここが理由です)


しっかり火が消えたあとに、
保険会社または調査会社の人が、現場を見に来ます。

どこの修理が必要なのか、見当を付けておくためです。


あとは修理業者さんから出された見積もりを、
保険会社の人が査定して、支払える金額を提示。

契約者と合意が得られたら(「協定」といいます)、
保険金請求書を提出してもらって、支払完了となります。


ここで注意が必要なのは、
火災の被害が復旧して、入居がついて家賃が入るまでは
かなり時間がかかる
ということです。


火事で物件がなくなってしまった場合、
家賃は入らなくなりますが、ローン支払は中断しないので、
大家さんにとっては大打撃です。

火災では物件だけじゃなくて、入居者も一緒に失うので、
「家賃担保特約」に必ず加入しておくことを、
オススメします。


◆お知らせ その1

 財布の中身レポートは、
 融資の秘訣が分かるということで、新規加入が激増中です。
 
 ぜひお試し購読してみてください。


◆お知らせ その2

 ブログランキングは、夢の2階級制覇が、
 なんだかいけそうな気がするレベルになってきました。(=´∇`=)

 皆さまのご協力を、ぜひよろしくお願いします。


インタビュー書き起こしのサンプル

昨日から参加した保険ブログランキングでは、
「初登場で1位」になるという経験をしました。


2位以下のブログ全部に、「DOWN↓」の表示。
ちょっと面白い画像になってます。

090711000.JPG ←クリックで拡大します。


引き続きよろしくお願いします。


11日は財布の中身レポートの配信日でして、
だいたい、この日はのんびりすることにしていますが、

今日は仕事がありまして、お出かけです。
事務所までは徒歩10分くらいなので、楽ちんです。


「石渡さんはスゴイの分かるんだけど、
インタビューがどんなクオリティなのか不安です」という方のために、
ちょこっとPDFのサンプルを付けました。

下記のリンクからダウンロードできます。

ファイルをダウンロード


この部分だけでも、専業大家さんにとっては、
貴重なノウハウになるはずなんですが、
実際に配信されるものは、この10倍以上の分量です。


書き起こし原稿は、VIP版のみです。

大家の財布の中身レポート

保険ネタ「燃えたら保険でどうなるの?」は、
次回書きたいと思います。


2階級制覇・・・できるでしょうか?

★ブログランキング応援&順位を確認★
▲2階級制覇できたら、何かプレゼントでもあるのでは?
 と思う方はクリックお願いします。


小話① 保険会社のノルマ

これからしばらく、保険の話を中心に書いていくので、
ブログランキングのクリックのうち、
30%を保険カテゴリーへ振り分けました。


このカテゴリーは、不動産投資ほど厳しくなく、
30%を振り分けただけで、既に1位です。(笑)

→ ブログランキング 順位の確認はこちら
 ▲30%の確率で、保険ランキングの順位が表示されます。


当然、不動産投資のポイントや順位は落ちますが、
ぼくがランキングをやっている目的は、
順位ではなくて、新しい読者さんの獲得なので、
まぁいいかな~という感じです。

でも、2階級制覇とかできたら、カッコイイですけどね。(ノ´∀`*)



さて、難しい話が続いたので、今日は小話その1。
保険会社の「ノルマ」について書きます。


就職活動の時、入社3年目くらいの先輩に、
「やっぱり、ノルマってあるんですか?」と聞いたんですが、

その時の先輩社員の回答は・・・






「あぁ。ノルマしかないね。」


というものでした。( ̄Д ̄;)


実際のところ、数値的に超厳しい訳ではありませんが、
ノルマの「種類」が尋常じゃなく多いのです。

まさに、ノルマしかない状態。


ざっと挙げますと、まず種目別の売上数字があります。

「自動車」「自賠責」「火災」「傷害」「新種」
「積立」「年金・介護」「生保個人」「生保法人」
「一般種目計」「長期種目計」「生保計」
 はい、これで12種類。

それぞれに「単月」「累計」があるので、合計24種類。


事故の多い契約ばかりだと、利益がなくなってしまうので、

「自動車損害率」「新規1-5等級引受割合」
「等級プロテクト引受件数」「事故多発契約謝絶割合」

のような、「ロス(損害率)管理」と呼ばれるノルマがあります。


ちなみに「新規1~5等級」というのは、
他社で事故を起こして、自分の会社に移ってくる人で、
保険会社としては、有り難くない契約です。

事故が多い人を断る・・という仕事もあります。

でも、実際に断るのは代理店さんなので、
上手に説得して、断っていただくのが腕の見せどころです。


ノルマの種類はまだまだあって、

「代理店新設件数」「経営研修生採用人数」
など、
自社の保険を販売してくれる代理店さんを増やすという
販売網関連のノルマもあります。

それも、「プロ代理店」「自動車販売関連」
「指定(民間車検)工場」「税理士」
など、
業態別の、新設数目標があったりします。(´ヘ`;)


まだあるんですが、キリがないので終わります。(笑)


ちなみに、ぼくはずっと営業部門にいましたが、
事故の査定や支払をする部署にいても、
やっぱりノルマの種類がたくさんあります。


でも、ノルマ=悪という訳でもなくて、
やっぱり達成した時には、気持ちの良いものです。

今の生活には、何の数値目標もないので、
何か自主的にノルマを課そうかなと思いました。


とりあえず、やっぱり入居率かなぁ。
頑張らないといけません。


★ブログランキング応援&順位を確認★
▲こっちの数値目標はないですが、よろしくお願いします。


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  |  201  |  202  |  203  |  204  |  205  |  206  |  207  |  208  |  209  |  210  |  211  |  212  |  213  |  214  |  215  |  216  |  217  |  218  |  219  |  220  |  221  |  222  |  223  |  224  |  225  |  226  |  227  |  228  |  229  |  230  |  231  |  232  |  233  |  234  |  235  |  236  |  237  |  238  |  239  |  240  |  241  |  242  |  243  |  244  |  245  |  246  |  247  |  248  |  249  |  250  |  251  |  252  |  253  |  254  |  255  |  256  |  257  |  258  | All pages

メルマガ登録・解除

投資家けーちゃんの
不動産投資メールマガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

無料相談 実施中!

ツイッター

ブログ過去記事