メイン

水回り修理の無料サービス

火災保険に付帯されているサービスで、
水漏れなどの出張サービスが付いているのは、

三井住友海上の「ホームライフ総合保険」です。

090706000.JPG
名前(ペットネーム)はダサイですね。(笑)


似たようなのに、東京海上日動の
「ホームオーナーズ保険」というのがありますが、
こちらは、業者さんを紹介してくれるだけで、有料です。


ホームライフの方は、「大家さんプラン」という
本人非居住専用の商品もあるので、何かと便利です。


ホームライフ総合保険 暮らしのQQ隊

ホームオーナーズ保険 住まいの緊急アシスト


出張料と、30分以内の作業が無料なので、
簡単な補修なら、だいたいオッケーです。

パッキンなどを交換した場合は、部品代のみ掛かります。


ポイントは、このサービスの利用法を管理会社さんに伝えて、
管理会社でいつも使っている業者さんではなく、
QQ隊の方に、連絡してもらうことです。

ですから、管理会社さんには
保険のご案内(証券場号や連絡先を書いたもの)を
作成して手交しておくと便利です。


ちゃんとした保険代理店ですと、
そういう面の配慮や工夫もあるはずですので、
やはり、代理店が重要だということになります。


次回は、代理店の選び方についてと、
ランキングのクリックが多ければ、
管理会社さんにお渡しする、保険の案内の雛形
このブログからDLできるようにします。


ぜひ、ご協力をお願いします。

★ブログランキング応援&順位を確認★


保険会社の選び方

アパートの火災保険に限らず、損害保険というものは、
契約者から集めた保険料を、事故のあった方に支払うという、
本来は、とても単純な商品です。
 
商品の特許も必要ないし、
テクノロジーが求められることもありません。
 

ですから、特定の損保会社だけが
他社より格段に商品内容に優れていることは
極めて起こりにくい訳です。

稀に、どこかの会社が極めて良い商品を開発しますが、
数ヶ月のうちに、他社もマネします。(笑)


また、事故の発生する確率は、
どの保険会社でもほとんど同じですので、
保険料の差は、思っているほど大きくありません。


それから、よく言われるのですが、
「○○海上火災は、支払が渋い」みたいなこともありません。


その人は、本当に複数社の支払を比較しかのかどうか。

同一商品で複数社の支払が比較できたとすれば、
その人は、保険金を請求しすぎなのではないか・・と思います。


特定の会社の損害率だけ極端に低ければ、
今の世の中、確実に世間のバッシングに遭います。(^^;)

さらに、国内損保会社の財務体質をみてみると、
今のところは、倒産の危険もありません。

(万一、倒産しても「契約者保護機構」というところが、
保険金の保護をしてくれます)


ですので、非常によくいただく
「どの保険会社で契約すればいいのでしょうか?」
という質問の答えは

「どこでも同じです」ということです。


では、何が決め手になってくるかというと、
保険代理店なんです。

「保険の質は、代理店の質である」と言っても、
過言ではありません。


代理店選びは、超重要です。

保険会社選びの1万倍以上、大切です。

 
優秀な代理店を通じて契約すると、

◆適切な保険商品を選択してくれる

◆ベストな契約内容を教えてくれる

不動産投資でいえば、
いくらの保険金額で加入すれば良いかや、
どのような割引が使えるかなど。
 

◆事故対応がすばやい   

◆保険会社の交渉もスムーズ

結果的に、お客さんの資産は守られ、
無用なストレスを抱えることなく過ごせる訳です。


代理店って、誰の代理かというと、
厳密には「保険会社の代理」で契約の取り扱いをしてるんですが、
「お客さんの代理」もしてくれる、頼もしい交渉人でもあります。


もちろん、優秀な代理店に限ります。


ところで、ある火災保険に加入すると、
無料で水漏れ修理をしてくれるってご存じですか?

最も上手な利用法を知りたいっていう方は、
ぜひブログランキングのご協力をお願いします。


見た目を良くする

今日は、保険の記事を夜に書きます。
1日2回更新も、習慣化してくるかもしれません。(笑)


さて、一作日の夜は、ファイナンシャルアカデミー主催の、
「ビジネスパーソン 見た目力アップ講座」に行ってきました。

講師は、プライムイメージの山川碧子(みどり)さん。
見た目力が、かなりある先生です。(笑)
 → プライムイメージ 山川さんのHP


最近は、セミナーなどで人前に出る機会も増えましたし、
今はよくても、将来はまたスーツを着るようになるかもしれません。

価格もリーズナブルなので、即申込みでした。


さて、セミナーの案内ページには、
このような「当日のご注意」があったのですが、

090704000.JPG


普段のビジネスの場で・・・ということなので、
先日のセミナーに出演した時の服装で、参加しました。

090704001.jpg

マネマネ試験の時と同様、浮いてしまいました。(笑)


セミナーは分かりやすくて、講師の方も感じが良く、
内容のどこかしらの部分は、誰でもすぐ実践できるものでした。


特に「このように見られたい」というイメージと、
その人が実際に着ている服装は、かなり食い違っているので、

「イメージを実現させてくれる服装とは、どういうものか?」

を知るだけでも、今後のプラスになると思いました。


会場は満席でしたし、受講者さんの評価も高いと思うので、
また開催されるかもしれません。

その時は、ぜひ受講されてみることをオススメします。
私服編もあるといいなぁ・・と思いますが。


外見もある程度は大切だと思われる方は、
ぜひ、ブログランキングのクリックをお願いします。


保険金が出るかどうかを判断する方法

昨日もクリックをいただき、ありがとうございます。

ちょっと堅いテーマではありますが、
昨日の記事で、クリックにご協力いただいた皆様は、
リスク感覚に優れた、洗練された投資家だと思います。


できましたら、今日もよろしくお願いします。

★ブログランキング応援&順位を確認★



さて、2日目は「保険が出るか出ないかを判断する方法」。


「保険証券に同封されている、約款を読んでください」


なんて答えたら、激怒されてしまうので、
誰でも判断できる、「3つの条件」をお伝えします。


その3つの条件とは・・・



 「急激性」

 「偶然性」

 「外来性」


です。


保険が支払われるような「事故」なのかどうかは、
上記3つに当てはまるかどうかで、判断されています。


例えば、ケガの保険(傷害保険)でいいますと、
「転んで骨折した」というのは、保険支払の対象になります。

いきなり転んだし(急激)、わざと転んだ訳じゃないし(偶然)
障害物など外的な要因で転んだ(外来)ので、
保険の支払対象になる・・・という訳です。


だから、靴ズレ(急激性がない)とか、飲酒運転事故(偶然性がない)、
脳卒中で倒れた時に打撲(外来性がない)などのケガは、
傷害保険の対象にはならないのです。


大家業の場合、例えば火事や地震はどうでしょう?


1ヶ月かかって、じわじわと火災が発生したり、
地震の発生を、日時レベルで予想することはできません。
だから、保険の対象になります。

もちろん、火災保険と地震保険に加入してることが条件です。


では、手入れを怠っていたので、
水道管がサビサビになって、破損した場合はどうかというと、


錆びは急激に発生したものではありませんし、
劣化すれば、いつかは破損するということですから、
偶然性もありません。(^^;) 

ですから、保険の支払対象ではないということになります。


一般的に、建物の劣化が原因になってる損害は、
ほとんど保険の対象にはなりません。

水道管の破損もそうですし、
屋根が劣化して、雨漏りしたような場合も、
急激性&偶然性がないので、ダメです。


ですが、「水道管が破損して、水道管を直す費用」
保険で対処することはできないものの、

「水道管が破損して、水が噴き出して濡れた壁や床」は、
保険の対象になるのです。


なぜなら、水が噴き出したのは急激だし、
壁や床が濡れたのは、偶然性が高いと言えるからです。
 
 
いやー、意外と難しいですね(笑)

 
さらにこの、出る&出ないの判断は、
微妙に解釈の余地が残る場合もあります。

要するに、交渉や支払担当者次第で、
判断が変わってくる可能性があるということです。


保険会社と交渉をするのは、
契約の事務取扱をする代理店ですので、
しっかりと選んで、優秀な方を見つけて下さいね。



さぁ、次はノウハウ編。「保険会社の選び方」です。

どの保険会社で契約するのがベストか?
意外な結論・・・乞うご期待です。 

ブログランキング応援&順位を確認
▲どこの保険会社が良いのか興味のある方は、
 ぜひクリックをお願いします。

財布レポートの海賊版(笑)

セミナーから帰って、今日2回目のブログ更新です。

メルマガ配信スタンドの「まぐまぐ」が、
今日まで、システムメンテナンスでお休みなので、
ブログを書くには、ちょうどいいです。


ブログにトラックバックが入って知ったのですが、
実は、財布レポートの実際の読者さんが、
なぜか自主的に、ブログで収支を公開してるのです。


ブログはこちら。

フリータープチ大家 遊三1980さんのブログ


いやー、なかなか面白いです。(≧∇≦)

わざとニセモノっぽく仕上げているところが、
センスいいと思います。


▼は、財布の中身レポートの1ページ目。
こんな感じで、収支の集計をしているのですが・・・

090703001.JPG


財布の中身レポート「風」の方は、
かなり適当な、やる気のない感じがします。(*゚´∀`゚)゚ノ

090703000.JPG
文字数が少ないです(笑)


なんか、ウィンドウズのセーフモードっぽいと思います。


ほかにも画像がアップされてるので、
ぜひ、遊三さんのブログでご覧いただけたらと思います。

遊三さんは、面白いPRありがとうございます。


さてさて、本物の(笑)財布の中身レポートですが、
以前にご紹介した、石渡浩さんの音声インタビューが登場です。
相当クオリティが高いです。


もちろん、いつも高い品質を・・と思って配信してますが、
今回は、融資&購入系ばかりで構成されている上に、
10年後でも、確実に使える普遍的なノウハウの集約です。


タイトルは

「毎月一棟購入の投資家が語る、不動産融資の神髄」

にしました。

一般会員さんのダイジェスト版でも、
しっかりノウハウが分かるようになってるので、
融資を受けて物件を買いたい方は、聞かなきゃ損です。


完全暴露!大家の財布の中身レポート
▲今申し込むと、11日に石渡さんの音声が配信されます。


ということで、「2回も更新、お疲れさま☆」という優しい方は、
ぜひブログランキングのクリックを、お願いします。


そもそも損害保険の役割って?

★ブログランキング応援&順位を確認★


不動産投資には、いろんなリスクがありますが、
保険で対処するリスクは、

 ・火事や水漏れなどの「事故」

 ・台風や洪水、地震などの「災害」

のふたつがメインです。


事故や災害は、気をつけたり予防策をとることで、
被害にあう確率を、多少は減らせますが、
完全にゼロにすることはできません。

そこで、一定の保険料を支払うことで、
事故や災害のリスクを、保険会社に肩代わりしてもらうのが、
損害保険の基本的な役割です。


この肩代わりのことを、専門用語で「転嫁」と言います。


火事で1億円の損失をするのがイヤなので、
あらかじめ5万円の保険料を払って、
万一の場合の損失を、保険会社に被ってもらう。(=転嫁する)
   
簡単に言うと、そういう仕組みが保険です。


この「転嫁」は、保険以外にも色々あります。


例えば、サブリース(家賃保証)の契約は、
10%くらいの一定の料金を、先に支払っておくことで、
サブリース会社に、空室リスクを転嫁していますし、

固定金利にするのは、先にちょっと高めの金利を払うことで、
それ以上に金利が上がった時のリスクを、
金融機関に転嫁している訳です。


さて、ここからがポイントなんですが、
「どういうリスクを転嫁するのがお得か」ということです。


基本的に、保険会社などリスクを引き受ける側は、
全部のお客さんを総合すると、儲かるようになってます。
じゃないと、倒産してしまいます。(´。`) 

ですので、基本的に「保険は、契約者が損をする」ものです。


だから、何でもかんでも転嫁しちゃうのではなく、
自分が被ったら、相当ダメージの大きいというリスクについて、
保険やその他の手段で、対処しておくようにします。


人間は、「大きなリスク」ではなく、
「頻度の高いリスク」や「分かりやすいリスク」の方に、
気を取られてしまいがちなので、注意が必要です。

地震は、ほとんどの人にとって極大ダメージなのに、
保険の加入率が30%以下に留まっているのは、
上記のような理由だと思います。


★ブログランキング応援&順位を確認★
▲明日は「保険の出る出ないを判断する方法」です。
  さらに役立つので、ぜひ今日のクリックをお願いします。


7月は「リスクと保険月間」です。

7月の投資家けーちゃんブログは、
不動産投資に関する保険とリスクをテーマに
毎日記事を書きます。


記事をまとめて、別媒体で使うためです。

書かなきゃいけない保険関連の記事が、
今の時点で30以上もあります。(笑)


大河ドラマのように、先の長い話ですが、
通して読んでいただけると、保険の知識が激増しますので、
ぜひご活用いただければと思います。


日々の活動報告や、お知らせがある場合は、
保険の記事とは別に、記事を書きます。

芸能人ブログのように、
1日に何度も更新するかもしれません・・(=´∇`=) 


予定している記事は、下記の通りです。
いかがなもんでしょうか。

 ・そもそも損害保険の役割って?
 ・保険が出るかどうかを判断する3つのポイント
 ・保険会社の選び方
 ・損保業界にもある「大口優遇の法則」

 ・保険会社の本当のお客様とは?
 ・火災保険の3つの種類
 ・地震保険のしくみ
 ・地震保険で保険会社は破綻するか?

 ・【小話①】保険会社のノルマ

 ・地震保険の限度額を使い切るかどうか
 ・代理店の場所とサービスの質
 ・全労済のメリットとデメリット
 ・保険料と保険金、そのほか保険用語の解説

 ・燃えたら保険でどうなるの?
 ・水漏れしたら保険でどうなるの?
 ・地震で倒壊したら保険でどうなるの?
 
 ・【小話②】保険会社の組織

 ・いくらの保険に入ればよいか
 ・銀行はなぜ融資のときに保険を強制するのか
 ・新価と時価で失敗するポイントとは?
 ・火災で消滅するのは、建物と「●●」
 
 ・【小話③】保険会社の給料
 
 ・火災や地震より怖いリスクとは?
 ・わずか47文字の、絶対知っておくべき法律
 ・リスク対策に失敗した悲惨な大家さんの事例
 ・優秀な代理店は、ここが違う!
 
 ・【小話④】保険会社が「加入しないで」と拒絶する契約とは?

 ・投資家けーちゃんの加入している保険
 ・商業ビルと店舗の保険は、どう違うか?
 ・コンプライアンス命の保険業界(笑)
 ・保険の結論
 
 ・保険期間は何年がベストか?
 ・保険料を安くする方法


1ヶ月じゃ終わらないかもしれません。(ノ´∀`*)


さて、この連載について「読みたい」という方は、
ランキングの協力をいただければ、幸いです。

ブログランキング応援&順位を確認


クリックの有無に関わらず、記事は書くのですが(笑)、
順位が下がったら、書く気をなくすので、
ランキングへの参加を、休止するようになると思います。


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  |  201  |  202  |  203  |  204  |  205  |  206  |  207  |  208  |  209  |  210  |  211  |  212  |  213  |  214  |  215  |  216  |  217  |  218  |  219  |  220  |  221  |  222  |  223  |  224  |  225  |  226  |  227  |  228  |  229  |  230  |  231  |  232  |  233  |  234  |  235  |  236  |  237  |  238  |  239  |  240  |  241  |  242  |  243  |  244  |  245  |  246  |  247  |  248  |  249  |  250  |  251  |  252  |  253  |  254  |  255  |  256  |  257  | All pages

メルマガ登録・解除

投資家けーちゃんの
不動産投資メールマガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

無料相談 実施中!

ツイッター

ブログ過去記事