投資家チャレンジ面談は、価値ある収益物件を購入して、
あなたの収入と、人生の充実感を飛躍的に向上させるきっかけを与える面談制度です。

まだ一棟ものの収益物件をお持ちでない方に向けて、
1時間、寺尾恵介本人からマンツーマンでアドバイスを受けられます。


ぼくのことをあまりご存じない方のために、自己紹介をしておきますと、
元々はサラリーマンをしていましたが、2004年から不動産投資をスタートして約3年半で家賃年収が5千万円、キャッシュフローが年間1千万円を超える規模になりました。

実績が認められ、書籍の出版やセミナー講師をする機会や、雑誌や業界誌の取材を受けることも増えました。

著書「全国どこでもアパート経営 雑誌取材 雑誌取材 雑誌取材雑誌取材

ブログランキングに参加していたころは、ずっと1位を継続していました。

ランキング1位を長期間継続 
投資家けーちゃん勝利への道程 http://toushika-keichan.com/

いまは、大家さん向けの情報誌「満室経営新聞」の編集長もしています。

満室経営新聞


不動産投資は、良い物件を取得できさえすれば、
ライバルは「元は農家をやっていたおじいちゃん」だったり「相続で譲り受けたアパートを嫌々管理する二代目」だったりするので、
競争に勝ち残っていくのは、さほど難しいことではありません。

また、購入後は管理の大部分をアウトソース(外部の人に任せること)できるので、
サラリーマンを続けながらでも楽勝で運営ができますし、
時間に縛られることなく、安定した収益を得られる最高のビジネスです。


また、今は様々なノウハウが確立されているため、
自己資金をほとんど使うことなく大きな物件を購入できるという事例も増えました。
数百万円の金融資産があれば、スタートができる時代です。

もし、不動産投資に興味を持ちながら、まだ大家さんになれていないのなら、
それは「スタンス」が定まっていないか間違っているかの、どちらかである可能性が高いです。

実は、「不動産投資」は非常に広い概念を表す言葉です。

例えば「陸上競技」の中には100メートル走や砲丸投げや走り高跳びなど、様々な種目がありますが、不動産投資にも様々な手法があります。

一棟もの、区分所有、戸建て、地方か都心か。
中古なのか新築なのか、情報収集の方法はどうか。どの金融機関を使うべきなのか。
選択肢の多さに迷いっぱなしという方も、多いのではないでしょうか。


陸上でもそれぞれの種目で成功者がいるように、不動産投資も様々な投資手法で成功者がいます。
人によって不動産投資のアドバイスが全く違ってしまうのはそのためで、
まじめな方ほど、多くの人からアドバイスを受けてますます混乱していくのです。


しかし、100メートル走のエキスパートが、ハンマー投げやマラソンに向いている訳ではありません。

不動産投資でも、ご自身の属性や自己資金、自由になる時間、配偶者の理解など、
人によって背景事情が違う上に、目指す規模やスタイルも違うので、
それによって実現が可能な投資スタンスと、そうでないスタンスがあるのです。

「真剣に取り組めば、超高確率で成功できる」というやり方が分かれば、
誰でも、迷いなく真剣にできるものです。
これまで成果がでなかったのは、そのやり方が分かっていなかったからに過ぎません。


チャレンジ面談は、あなたがストレスなく実践できる投資スタンスの中から、
目指す投資規模に一番早く近づけるものを一緒に見つけて、そのやり方と勉強方法を教える場です。

チャレンジ面談も、本格的に募集をスタートして3年が経ちました。
これまで面談のお申し込みをされた方が200名くらい。実際に面談に来られた方が140名くらいです。

面談の中でスタンスが決まったのが90名くらいですが、
そのうち8割以上のチャレンジ生(※チャレンジ面談後も継続的にアドバイスをさせていただいている生徒さん)が、ご自身の納得がいく物件を購入して大家さんデビューをしています。


面談をしたのにスタンスが決まらなかった方も50名くらいいますが、
「思ったより不動産投資が大変そうなので諦めた」「自己資金や属性が不足していて、今は買えないことが分かった」というケースが大半です。
その後、ムダな時間を買えない物件のために浪費することがなくなったので、
やはり面談に来て良かったのだと思います。

いずれにしても、面談の質と効果は既に実証済みで、
多くの方がこれまでとは違う世界を、見ることができているはずです。

面談後に、純資産が数千万円レベルで増えた方も大勢いますし、
既にリタイアを実現し、楽しい毎日を過ごしながら新たなチャレンジを続けている方もいます。

経済的な余裕と充実した毎日を望んでいる方でしたら、
1時間のチャレンジ面談が、人生を飛躍させる「起点」になるかもしれません。

不動産投資に興味を持ったにも関わらず、
様々な壁を越えることができず志半ばで断念してしまう方は、かなり多いようです。

ぼくは不動産投資家さんに対してのサービスをいくつか手がけているので、
不動産投資を諦めてしまう方が減ることは、将来的に自分の収益アップにつながる可能性が高いです。

また、相談内容やその方の頑張っている様子は、
ブログやメールマガジン記事の、格好の題材になります。

面白いメールマガジンには、広告も集まります。

ぼくは毎月、数十万円分のメールマガジン広告をいただいているので、
良い記事を配信し続けることは、とても重要なことです。

ということで、無料でやっても、ぼくには大きなメリットがあるのです。

1時間程度という短い面談ではありますが、自分の経験と知識を交えて、
相談者の方が「もやもやしていた気持ちが晴れた!頑張れそう!」と思ってくれるよう、
以下のようなことをお話します。

  • 不動産投資を行うことで「得たい生活や人生」についてお話を伺います。
  • ご自身の属性、自己資金、ライフスタイルなどを勘案して最適な「投資スタンス」を導きます。
  • どのように不動産情報を得ていくのか、上記のスタンスに基づいてお話します。
  • これからの活動について、具体的に何をするのかを一緒に相談します。
  • 必要な知識を身につけるために、「課題図書」をお伝えします。

上記は、最初の1時間面談のみについてです。継続的な指導をさせていただく場合は、上記以上のものを提供します。

ここまでお読みいただいて、十分なメリットが感じられないという方は、
チャレンジ面談にお越しいただく必要はありませんが、まとめると以下のようなものです。

  • 自分の投資スタンスが明確になる!
  • 成功確率が高い手法を、一緒に検討してもらえる。
  • 成功しないやり方を事前に教えられるので、無駄が少ない。
  • 不動産投資のモチベーションが上がる。
  • 検索、調査、価格交渉、融資、運営…様々な場面でアドバイスがもらえる。
  • いろんな人の事例を共有できる。

よく、「不動産投資は、今からやると遅いのではないか」と悩んで、
スタートをさらに遅らせてしまうような人もいますが、
ぼくが始めた10年前も、不動産投資は遅いって言われることがありました(笑)

1ヶ月早く始めれば、それだけ早く家賃収入が入ります。
人生は有限ですからスタートは、少しでも早いほうが良いのです。

チャレンジ面談は、できないスタンスに費やして時間をムダにしたり、
もっと早く成果が出る効率的な方法があるのに、それに気づかず購入が遅れたりという失敗を限りなくゼロに近づけることができるでしょう。

いいことずくめの投資家チャレンジ面談ですが、誰でもご応募できる訳ではありません。

下記の3要件を全て満たしている方のみ、ご応募下さい。

1.不動産投資に使える自己資金として300万円以上保有している。2.現在まで、一棟ものの収益物件を購入したことがない(戸建や区分マンションを持っている方はOKです)3.ご応募から1ヶ月以内に、横浜まで来て面談ができる

面談は、原則平日の日中になりますが、夜間や週末の面談日を、月に1〜2回ずつ設定しています。
(ただし非常に混み合いますので、平日の日中がお奨めです)


不動産投資では、数千万円の購入判断を
24時間以内にしなければならないようなことも珍しくありません。

「平日に時間を取って横浜まで行く」

ここまで手紙をお読みになって、これくらいのことにYESかNOかの判断ができないのなら、申し訳ありませんが、不動産投資で成功することもないでしょう。




さて、ご準備はできましたでしょうか?
あなたとお会いできる日を、楽しみにしています!

お名前 【必須】
※ご本名でお願いします。
メールアドレス 【必須】
例)info@sample.com
ご連絡先(電話) 【必須】- -
例)03-1111-1111
ご住所 【必須】
(市町村まででOK)
ご年齢 【必須】
ご職業 【必須】
事前に伝えておきたいこと
があればお願いします。

dummy dummy dummy dummy