貯金をしない投資スタンス

2021年9月6日

会社員の方の参入障壁が高くなっているシリーズ。自己資金について、これまで2回お話してきました。

※参考記事:会社員の参入障壁と自己資金の話

※参考記事:「貯金をして不動産を買う」のは難しい

 

自己資金の問題は「貯めるか、取組可能なスタンスにコミットするか」というマインドの問題ではあるのですが、貯めるのって相当難しいですよ・・というのが、これまでお伝えしてきたことです。

 

◆保有金融資産に応じた投資スタンス

では、今ある持ち金の範囲でやれることをやろう!と考えた時に、どういうスタンスが選択できるかということについて。ツイートをご覧下さい。

800万円くらいあると、選択肢がだいぶ増えます。

※参考記事:800万円でなにを買うか

今日は、それ以外のスタンスについて補足の説明をしていきます。

 

◆ムリして高リスクの廃屋を買う必要があるか?

まず、まともな不動産を買うためには最低300万円の資金が必要だと考えています。

数十万円の廃屋を何とかしたり、最近では「無料ゲット」が武勇伝になったりしてますが、無料ゲットをするより300万円貯めるほうがさすがに早いでしょう。

錆びた家のイラスト

それ以下しかない場合は、「不動産を買わなくても良いスキーム」を実践していくことになります。それが上記に挙げた転貸系の戸建賃貸やレンタルスペースです。

どちらも、相応の成功事例がありきちんと取り組めば利益を出すことができます。

 

レンタル会議室などは、事務所の賃貸借初期費用とテーブルやホワイトボードなどの備品を合わせて50万円くらいで開業できることも多いです。

上手くやれば毎月5~10万円の手残りなので、金額は小さいものの利回りとしては驚異的です。だって、これは賃貸業ではなくて「事業」ですからね。

コワーキングスペースのイラスト

しかも、これらの事業はお金が貯まるだけでなく、「決算書の指標を良くする」という大きなメリットがあります

 

レンタルスペース事業で年間100万円の利益を出せたとすると、債務償還年数的には2千万円くらいの借入枠が生まれたのと同じです。数百万円の自己資金を別途で用意できれば、小ぶりのアパートなら買えるようになるでしょう。

※参考記事:債務償還年数の大事なハナシ

 

◆小さくても、大きな実績

ボロ戸建については専門ではありませんが、上記の「800万円で・・」の記事にだいたいのことはまとめました。

ボロくとも土地付きの戸建を保有することで、小さいながらも地主(ぼくの「地主」定義は、抵当権のない土地を保有している人を指します)ですから、金融機関からの見方も変わってきます。

 

また、転貸系のビジネスと同じようにきっちり「利益」を積み上げることができますし、貸借対照表には「土地・建物」という資産を載せることができます。

小ぶりな不動産を買っても「月々わずか数万円の手残りか」みたいに思いがちですが、その手残りは将来お金を借りる際の「実績」になります

会社に融資する銀行のイラスト

特にいまは、未経験のサラリーマン投資家さんの場合「地に足が着いておらず、浮ついたFIRE願望で不動産に興味を持っている」みたいな見られ方をされてしまいがちです。

ひとつでも物件を持って賃貸し、確定申告で黒字を出しているという実績こそが、そういう「浮ついた会社員」との明確な差になるのです

次回は、もう少し予算が多い人のスタンスについて。お楽しみに。

■不動産投資のノウハウと最新情報が配信されるメールマガジンの登録はこちら

■フォロワー7千人突破!投資家けーちゃんのツイッターはこちら

■不動産投資未経験者の方へ、60分無料の対面アドバイス。「投資家チャレンジ面談」はこちら

投資家けーちゃんの
不動産投資メールマガジン
不動産投資で毎月100万円のキャッシュフローを確保して、経済的自由(ハッピーリタイア)を実現するためのノウハウ&体験談を配信する不動産カテゴリーの人気メルマガ。
登録 解除

カテゴリー

メニュー・関連リンク

月別アーカイブ

投資家けーちゃんの本

みんなが知らない満室大家さんのヒミツ
満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営
フツーのサラリーマンですが、不動産投資の儲け方を教えてください!
ブログ内検索