効率の良い活動と悪い活動

2020年4月18日

ぼくは普段から「天気と体調の悪い日は頑張らない」という方針で活動しています。
小学校の頃から、雨が理由で習い事を休んだりしてました(笑)

傘を差して移動するのは、服や靴が塗れてテンションが落ちますし、交通事故に遭ったりカゼを引いたりするリスクも高まります。努力の効率としてはあまり良くないですよね。
昔の人の「晴耕雨読」という習慣は、理に適っているのです。

 

今のご時世での不動産投資も、効率の良くない活動で消耗してしまうくらいなら、充電期間として休んでしまう方がマシですし、頑張るのであれば効率の良い分野の努力をすべきかと思います。

 

まず、効率の悪い活動としては以下のようなものがあります。

  • 金融機関の新規開拓
  • 業者さんとのコンタクト(一部例外あり)
  • 物件の売却(特に実需向けの戸建、ファミリー区分など)

 

金融機関はコロナ関連の特別融資の対応や、既存顧客の経営状況把握で忙しく、未経験のサラリーマン投資家さんの相手をしている時間がありません。

業者さんも休んでいることが多いので、アポイントを取ろうとしても空振りすることになるでしょう。
(オンラインで対応してくれる親切な不動産会社もありますが、そこまでして紹介される物件はやはり・・・アレなものです)

 

例外として、「実際の売り物件に問い合わせる形で最初のコンタクトを取り、そこをきっかけに自分の優秀な属性情報を開示しておく」という活動はオススメです。

融資が厳しいご時世、高属性の新規見込み客が自分から連絡してきてくれる訳ですから、それはもう歓迎されないはずがありません。
優良な物件が出たら、かなり高い優先順位で紹介をしてくれることでしょう。

 

物件の売却については説明不要ですよね。
こんな時期にマイホームを買おうとするような人は滅多にいません。

 

上記のような非効率な頑張りをするくらいなら、自宅で映画でも観ていた方が良いと思うのですが(最近は「感染列島」という映画がリアルで良かったです)、逆に効率の良い頑張りというのもあるんじゃないかと思います。

 

具体的には以下のようなものです。

  • 不動産投資、関連事項の勉強
  • 経費削減についての各種取り組み
  • 相場のリサーチ
  • 物件を持っている人は、コロナ関連融資の申込

 

これらは特に説明も要らないと思いますが、経費削減については現在多くの会社が「断捨離」を行っています。
絶対必要だと思われていた「オフィス」でさえ、その例外ではなくなってきている状況です。

ご自身が賃貸経営で支払っている経費の見直しを、先入観なしに行える良い機会ではないでしょうか。

 

コロナ関連の融資については、前回の記事でお伝えした通りですね。

「周りも困っているんだから、騒動が収まるまで無料で使ってもいいんじゃないか」という恐ろしい世論が形成されつつある大家さん業界、決して安泰ではありません。

物件購入が続いて手元に現金が乏しいような大家さんは、遠慮なく申し込んでおきましょう。

 

 

■不動産投資のノウハウと最新情報が配信されるメールマガジン(無料)の登録はこちら

■フォロワー6千人突破!投資家けーちゃんのツイッターはこちら

投資家けーちゃんの
不動産投資メールマガジン
不動産投資で毎月100万円のキャッシュフローを確保して、経済的自由(ハッピーリタイア)を実現するためのノウハウ&体験談を配信する不動産カテゴリーの人気メルマガ。
登録 解除

カテゴリー

メニュー・関連リンク

月別アーカイブ

投資家けーちゃんの本

みんなが知らない満室大家さんのヒミツ
満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営
フツーのサラリーマンですが、不動産投資の儲け方を教えてください!
ブログ内検索