11月になりました(予告と近況報告)

2020年11月1日

不動産投資に必要な知識は、重要なところほど地味で面白くないことが多く、偏った知識のまま参入して失敗したり、成果を出せずに終わったりするような人は今も昔もたくさんいます。

自分の好みで書籍をチョイスしたり、今の時代だとyoutube動画だけで勉強しているような人は、ちょっと危ないんじゃないかと思ってます。

※参考記事:知識が偏る原因と解消方法

 

◆地味なテーマを楽しくおもしろく

それに関連して、こちらのツイートをご覧下さい。

 

コーヒーを飲みながら「こんなのあったら集客厳しいだろうな」と自虐的に考えた「地味すぎる不動産投資セミナー」のテーマ。

多くのいいねをいただいているので、おそらくフォロワーさんも「これは地味すぎる」と共感していただいたのでしょう。有料の単独セミナーとして企画を成立させるのは難しいと思います。

無料であっても、内容が内容なだけに話しても書いても地味でつまらないはずですが、ツイートの文末にあるように自分の執筆スキルを上げる意味でも、今後この5つのテーマについて記事にしいていきたいと思います。

ぱっと見でいうと「腐食と錆」は書くのが簡単そうで、「火災保険約款」は専門なので知識はあるのですが詳しく書くほどつまらなくなるので、記事にするのは一番難しそうです。

順番とおり書けるかは分かりませんが、楽しみにお待ちください。

 

◆11月は法人の決算月

今年もあと2ヶ月。自分の場合は、不動産の保有法人が11月決算ということもあり、何となく「節目」感のあるのが11月です

2020年は今のところ新規の物件購入が6件(ぜんぶ区分)で、購入総額は1億2千万円ほどです。そのほか今月決済予定(売買契約済み)のものが1件と、買付を通しているのが2件あります。

 

9月くらいに「もう少し工夫すれば規模を早く増やせるかも」と考えて取り組んだ結果、購入ペースは上がっているので、この調子でいきたいなというところです。

※「増やそう!」と思って書いた記事

※区分投資の良さを自覚して書いた記事

売却は、これまでご報告しているように、リフォームして売りに出した部屋を再販業者に上書きリノベされてしまったりと反省点が多いのですが、それでも3件の売却で帳簿上の売却益だけで1600万円くらい出せました。

残債が減っていますので、手元に戻ってくる現金はもっとあります。

 

これから、税理士さんと打合せをしつつ「自己資本比率」「償還年数」などを計算しながら経常利益の額を調整して年度を締めることになります。

今月に入れても来月(翌年度)に入れても良い売上って意外と多いですし、逆に今月でも来月でもいいっていう買い物もありますので、上手に微調整しようと思います。

■不動産投資のノウハウと最新情報が配信されるメールマガジンの登録はこちら

■フォロワー7千人突破!投資家けーちゃんのツイッターはこちら

■不動産投資未経験者の方へ、60分無料の対面アドバイス。「投資家チャレンジ面談」はこちら

投資家けーちゃんの
不動産投資メールマガジン
不動産投資で毎月100万円のキャッシュフローを確保して、経済的自由(ハッピーリタイア)を実現するためのノウハウ&体験談を配信する不動産カテゴリーの人気メルマガ。
登録 解除

カテゴリー

メニュー・関連リンク

月別アーカイブ

投資家けーちゃんの本

みんなが知らない満室大家さんのヒミツ
満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営
フツーのサラリーマンですが、不動産投資の儲け方を教えてください!
ブログ内検索